キレイな家を目指したい

物臭だけどキレイな家に住み続ける方法を模索してます

家庭菜園も程々にした方がいい

 ジャガイモを掘ったんですよ。毎年「ここ掘れワンワン」と言わんばかりに熱心に執拗に掘りまくっていたんですけど、今年は多少掘り残しても気にしないというか、むしろ積極的に掘り残したいという心持ちで掘りました。つまり雑。非常に雑。というのもね、必ず余るから。食べ切れるわけがないんですよ、あんな量。

------

 久し振りにご乱心です。今までもジャガイモが各所で腐れていて強烈な悪臭に見舞われつつブチキレながら埋めてやったりしたのだけど、またやられました。今度は小屋の中。春先に「種芋として取っといてんのかなー」と思っていたジャガイモ。種芋かと思ったら夫母はまだ食べる気満々だったらしい、芽の沢山出ていたジャガイモ。うわウソでしょ何かの冗談でしょと思いつつも、食べる気満々ならしょうがねーなとスルーした、小屋の中で段ボールの上に並べられていて水分が飛んでいるようにしか見えない、芽以外の何かも出てないかと思っていたジャガイモ。もうね、これどうする気なんだと、むしろ傍観してみた私が愚か者でした。

 片付けられない人を相手に傍観を決め込んだところで、解決する事はゼロに近いのでしょう。季節は春→夏もどき→梅雨もどき→梅雨もどきと、よく分からない感じで移り行き、その間に放置ジャガイモも「腐海」という言葉が相応しいような、小さな生態系を作り上げていました。つまりイモは腐れ、虫もカビも湧き、下に敷いていた段ボールまでもが腐れて、建ててから1年も建っていない小屋の床(コンクリート)に汚い染みが出来ました。

 今までの事を思い返したら「ジャガイモが腐ってました」で終わるわけがないのは明白です。序の口ですよ、こんなの。

 腐海ジャガイモを外に出した後、何を思ったのか殺虫剤(ゴ○ジェット)を噴霧し始めました。それで、そこにブルーシートを敷いて「ここに収穫したイモを並べよう」って、その程度で人体に害が無いにしたって気分悪いわ! しかもそこに並べたら、また腐るわ! 無駄に殺された虫だって可哀想だよ……こんなになるまで放置しなけりゃ、こんな所で生まれずに済んだし、いきなり殺虫剤で殺されずに済んだのに。いつもそうなんだ、いきなりなんだ。物だけは何もせず放置するのに、それ以外だと突拍子もない行動に出るんだ。止めるヒマが無いんだ。

 とにかく殺虫剤が撒かれた直後にジャガイモ置かれるのも嫌だし、風通しが悪くて腐れた実績がある場所に置いて同じ過ちを繰り返すのも嫌なので、「外に並べましょう」と誘導したものの、下屋もね、なんだか物がゴチャゴチャ置かれてるんだよね。あー処分したい。すっごく処分したい。どうして物を減らすんじゃなくて増やす方にしかエネルギー使わないんだろう。それで最終的にはダメにして余計なエネルギーを使うハメになるのになぁ。

------

 という、なんともまぁ相変わらずな話なのでした。ジャガイモに罪は無し。

 あとね、濃い緑色に変色したジャガイモも「皮むけば食べられるから~」なんて言って一緒に収穫してたので、後でこっそり取り除いて敷地内の草むらに遠投しときましたよ。何ともないジャガイモが余るくらいあるんだから、わざわざリスク犯してまで食べる必要なんか無いのに……と思うんですけどね。正直、ちゃんと変色した部分を取り除いているのかも疑問だし。STOP食中毒。

 

 

◎ランキング参加中です

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

 

◎急用が無い限り毎日更新している掃除の記録はこちら

 

mainichi-souji.hatenablog.com