キレイな家を目指したい

物臭だけどキレイな家に住み続ける方法を模索してます

空き家問題、10年越しの清算

 全国的に空き家が問題化しつつありますが、私達が去年まで住んでいた夫母の実家は売りに出される事となったらしいです。というか特に何もしてないんだけど買い手の方から打診されるという、言わば棚ボタ的な感じの話で大丈夫なのかと不安に思う一面もあるのですが。いや内見も特にせず買いたいと言うのも大丈夫なのかねって。こちら側ではなく買い手側が大丈夫なんだろうかと心配。夏は暑くて冬は人生が嫌になるくらい寒いけどいいんだろうか。あと、どうせ次は誰も住まないだろうなと好き勝手やらかしたけどいいんだろうか。ついでに屋根裏に何か住まわれてるかもしれないんだけど、いいんだろうか。いやいや、リフォームして住むんだよね? いやいやいやいや。ねぇ。

 そういえば、しばらく前に行った時も近所の人に「家を借りたいという人がいて、探してるんだけど」と打診されたんだっけなぁ。その時はその借りたいという人に連絡したら行き違いで別の場所を見つけたらしくて、まぁそれはそれで良かったですねという話で終わったんだけども、その人なんだろうか。それともまた別の人なんだろうか。何にせよ、あの辺はどういうわけか人気があるなぁ。近所の新築のアパートも割と早く入居者入って埋まったみたいだし、建売住宅も作れば売れるらしいし。高齢化する一方で新しく入ってくる人もいるにはいる。まぁ、引っ越した今だから言えるのだけど、近所(徒歩15分以内)に学校や病院や商店街など一通り揃ってるからというのもあるんだろうな。駅はさすがに15分以内では行けないけど、まぁ30分くらい歩けば行ける。ホント、立地だけは良かった。目の前が駐車場ってのを除けば。

 そういうわけで一応来月までには片付けないといけなくなったのです。まぁ別に私物はほとんど運び出してるので、放置されている家電(冷蔵庫と洗濯機)をどうするかというのと、残った細かい物(資材など)をどうしたものかというのと、単純にゴミ処分の問題。あとは遺品だから関係ないといえば関係ない。でも夫母は「○○は残しておきたいから」と言っていたので何かしらはこちらの家の小屋に持ち込まれる覚悟をしないといけないのかと思うと、正直げんなりです。それにしても、その発言久し振りに聞いたな。久し振りに聞いてもげんなりだな。10年も放置してた物を今更どうしようというんだろうか。他にも大量のアルバムを持ってこられそうで……また小屋を物で溢れさせるつもりなんだろうか。困る。10年経ったのだから、スパッと清算すればいいのにね。なんて思うんだけど、夫母だもんなぁ。はぁ。

 しかしまぁ、何だかんだで思い出が沢山詰まった家だったなとは思います。戻りたいかと言われても全然戻りたくはないですが。そうね、お金積まれても戻りたくないけど3000万くらい積まれたら考える。つまり普通に建て替えて住む。防音対策しっかりして住む。ロマンも何も無くてスミマセン。

 

 

◎ランキング参加中です

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

 

◎急用が無い限り毎日更新している掃除の記録はこちら

 

mainichi-souji.hatenablog.com