キレイな家を目指したい

物臭だけどキレイな家に住み続ける方法を模索してます

夫の母の実家を片付けていて、ちょっと愚痴る

 

f:id:pico5656:20170912102737j:plain

 

 旧居の中で一番現代的な場所。でも壁際すっごくカビ生えるし、ここ廊下。あくまでも「現代的」なだけで「快適」ではない。もう一度住みたいかと問われたら、「いや~」と言葉を濁す事も無く「嫌」と即答。思い出もあるにはあるんだけどね、思い出だけで生きていけるわけじゃないし。不便さを打ち消してくれるわけでもなし。

 今週末に内見があるのですが、先日は不動産屋の人が内見に来ました。まぁ知ってる人だったので割とゆる~いノリで。しかし、いくらゆるくても査定に繋がるので言動には注意したいですよね。

「ここの襖、動かないんですよ」

「流し台の底板抜けてるんですよ」

「とにかくカビが酷いんですよね」

「屋根裏に何か住んでます」

「あ、玄関の鍵も壊れてます」

「いや~このまま住むのはちょっとどうかと」

 オオカミ少年も卒倒するレベルの正直さ。売る気あるのか。夫も夫で「正直、(価値があるのは)土地だけだと思います」とか言ってるし、完全に世渡り下手な夫婦でゴメンナサイ。でも、そもそも別に私達にお金入るわけじゃないからな。夫母は少しでも高く売りたいそうだけども、築年数も築年数だし御世辞にもキレイとは言い難いので、あまり期待に応えられなさそうな気配。「少しでも高くというのであれば、片付けてもう少しキレイにしてから」と不動産屋さんが言うのも頷ける。ありのままを見せて「よし買った!」なんて思えるのは豪邸くらいじゃないですかね。さもなきゃ建て替え前提で土地だけ欲しいとか。とにかく、ただでさえ酷いんだから、多少なりとも小奇麗にしないと。ですよ。

 それにしても、今回は完全に私だけ頑張って……いや、今までも私だけ頑張って片付けてましたね。今に始まった話じゃなかったや。自分で言うのもアレだけど、こればっかりは自分で言ってもいいと思ってる。私だけ頑張った(きっぱり)。

 で、住んでいた時も大変だったけど、住んでもいない家を片付けるというのは労力が倍以上掛かると心底思います。電気は使えるけどエアコン入れるとブレーカー落ちるし、そもそも古いエアコンを1年以上も無手入れで放置してるから使いたくないし。水が使えないのも辛いので滞在時間も3~4時間程度が限界。(生死問わず)虫だらけだし、埃まみれだしカビまみれ。頭痛い。

 そういえば夫母が「ガソリン代出してもいいから片付けてほしい」と言ってたらしいですが、夫が「そんなのいいよ別に」と言って断ったので逆さ吊りにして振り子運動してやりたい気分です。自分で片付けてもいないのに軽く言うな。だったら1人で全部片付けてみやがれってんだコンチクショウ。10年の間にあれこれ苦労して片付けてきたから、今これだけで済んでるんだよ。それが無かったらもっとずっと大変だよ。別に感謝の気持ちとかお金とか欲しいわけじゃないのに妙に神経を逆撫でされてるような感じがしてしょうがないのは、そういう事だろうな。今までの苦労や苦悩を「そんなのいいよ別に」の一言で片付けられたように感じたんだろうね。夫実家(※一部)の片付けの方が何百倍も大変だったけど結局最後は業者に丸投げだったから、夫も夫母も誰も彼も「自分の手で」片付けちゃいないんだよね。必要な物を運び出しただけだから、あまり片付けの大変さを分かってないと思う。

 やっぱり実費ぐらい請求しようかなぁ。なんか急にタダ働きしてるのが馬鹿らしくなってきた。往復のガソリン代も馬鹿にならんし。そんな広い心は持ち合わせていないんだよ私は。何も言われなけりゃそのままフラットな感情で終わっていたと思うのに、夫め。ぶつくさぶつくさ。

 今更腐れていますが、今日も今日とて行ってきます。明日と明後日は恐らく庭の手入れがあるから行きたくないので、ガンガン破壊出来る片付けは実質今日が最終日みたいなもんだなー。無理だなー。終わんないだろうなー。まーいいかー(投げ遣り)。

 

 

◎ランキング参加中です

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

 

◎急用が無い限り毎日更新している掃除の記録はこちら

 

mainichi-souji.hatenablog.com