キレイな家を目指したい

物臭だけどキレイな家に住み続ける方法を模索してます

片付けに行ってきます

f:id:pico5656:20170901115639j:plain

 

 あの、口から毛が1本出てるんですが。

 

------

 

 9月ですね。今月、旧居(夫母の実家)の内見があるそうです。いやー建て替え以外選択肢無いと思うんだけどねー。どうなんですかねー。それはそうと、まだ物は残ってます。主にゴミと遺品ですが、最終的にはゴミ9割だと思ってます。しかし夫母はなかなか片付けに行きませんね。というのも多忙だから仕方ないのです。夫祖母の新たな入居先予定だった施設から断られちゃったからもう大変。別の候補は夫叔母が「もう決まったようなものだから」と断ってしまったから、振り出しに戻ったよね。相変わらず余計な事してくれるというか、全ての行動が裏目に出てるよね。それで夫母に「仕事辞めて面倒見てくれないか」なんて言うんだから呆れちゃうよね。お金払うから、だってさ。え、給与分満額くれんの? くれないでしょ。しかも今の職より遥かに、それはもう遥かに、過酷で地獄であるのは老人施設が「無理です」と匙投げた事からも分かるはずなのに、給与より安い報酬なんて割に合わないよね。というか同額だって割に合わないだろうよ。そもそも何故施設に入れるか考えたら「面倒見て」なんて言えないはずなのにね。面倒見れるものなら見たいという気持ちは、みんな持ってるんだよ。でもみんなボロボロになっちゃうの。筆舌に尽くし難いくらい壮絶なの。って、分かってるはずなんだけどなぁ。

 とにかく、夫母も忙しいので、私が自主的に片付けに行ってきます。もう関知しなくていいと思ってたんだけど仕方ないや。しかし、まさか売りに出すとは思ってなかったので、好き放題やっちゃった部分をどうにかしないといけないかもしれない。隙間風防止に台所に取り付けたアレとか。工具も持っていくかー。あと足の裏汚れるから替えの靴下も必須かね。わざわざスリッパ買うのも勿体無いし。

 

 

◎ランキング参加中です

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

 

◎急用が無い限り毎日更新している掃除の記録はこちら

 

mainichi-souji.hatenablog.com