キレイな家を目指したい

物臭だけどキレイな家に住み続ける方法を模索してます

漬物石って分裂しますっけ?(錯乱)

やっぱり小屋の中も整理しないとダメだよなぁ、そういや涼しさ通り越して寒くなったので冷蔵庫の脇も拭こうかなぁ、なんて思いながら小屋の中に入ったらですね なんだこれ。いや漬物石をここに置いたのは私だ。確かに置いたよ。だけどこんなに多かったかなぁ…

続・ビニールシートの処分、どうする?

ビニールシートといえば、まだ扱いに困るシートが残ってます。 カバーの紙がボロボロになって半ば杭と同化している白いシートが2本、そして黒いシートは塩化ビニール(たぶん)。 この時は「なんかもう切れないかな、ノコギリで」と思っていて試しにクラフ…

ビニールシートの処分、どうする?

キッチンの奥にいるとリビングの時計がさっぱり見えやしないのでニトリで購入。黒猫の時計、時々ネットで見掛けて「いいなー」と思ってたので。初日は触らせろと騒いで大変でしたよ。うっかり近くで背中見せようもんなら跳びついてきたりして。 ------…

片付けられないお姑様と暮らすのはツライよ

夫母により旧居からテーブルを持ってこられて「困惑と迷惑の違いって何だろうな」と考えたのが、つい先日の話。 ちなみに昨日あたり片付けたらしく、この状態よりはマシにはなったんだけども、ゴミとして処分じゃなくて家の中に持ち込まれてるんだよね……まぁ…

今度は自宅の庭を片付けたい

週明け、さっさと脚立を持ってこようと旧居に行ったところ 想像以上にゴミを持っていってくれててビックリ。あれシンクとかダメじゃなかったんだっけか。 小屋の脇もほとんど持ってってくれたようで。支柱とか残ってるけど、ドンマイ。 小屋の中もスッキリ。…

どうしてキレイに終わらせてくれないかな

片付け作業も自分達の手を離れたので「もう知らん」と一息ついた休日の夜、夫の携帯が鳴った。夫の母からだ。何か嫌な空気を感じつつ、特に聞きたくなくても聞こえてくる会話を要約する。 シルバー人材でゴミを持っていってくれた テレビやタイヤなど残った …

さよなら、です

そんなこんなでシルバー人材に残りのゴミ処分をお願いしようという話になり、見積もりの立ち会いに行かされたのが私です。まーね、ゴネたよね。あそこまで何もするなと言われたら行きたくねぇと。でも行った。仕方ないから行った。大人だから。 テレビやタイ…

これが本当に最後の片付け

前回と今回の片付けは同日に行われたもので、気が付いたら休憩無しで6時間。そりゃー疲れるわけだよ。 夫母にあれこれ言われると片付けにくいので中途半端に終わらせてしまっていた。でも、もう開き直って整理し直す事にした。 私は普段どうしようもなく物…

片付けるなと言われても片付ける

あれはいつの話だっただろうか。花火大会があった時なのでお盆だったか。酒に酔った夫母が「甘く見ないでね!」と半笑いで吐き捨てるように言い、無言で見つめてきた事を覚えている。いつまでも、いつまでも、覚えている。 酒は感情や願望を増幅させるものだ…

1年で汚れてしまった夫実家のシンクを磨いてみた

旧居の片付けの話は置いといて、というか本来更新する予定だった隣の家のシンクの話をします。夫が酔い潰れて自分の実家側に泊まった翌日、一宿一飯の恩義というか御節介としてキッチンのシンクを掃除する羽目になったのです。いや夫が掃除してくれって言う…

何のために片付けているのか分からなくなってしまった

最初は引っ越しの時に片付けられなかった自分達の物を片付けなきゃいけない、と思っていた。夫母も誰も片付けに行かないので、ついでに他の部分も片付けるかと考えた。「仕方なく」「めんどくさい」と考えていたのはブログを見れば一目瞭然だ。やらなくても…

水回りが汚れていると家は老けて見える

夫が飲み会で飲み過ぎて泥酔していたので夫実家に連れて行きました。酒乱で何か酷い事をされるという事は無かったんだけれども、手足は紫色で冷たくなってるし呼吸が少し浅かったり反応が鈍かったりシャックリが止まらなかったり嘔吐を繰り返したりと、正直…

万感の思いを込めて流し台を解体する

今まで色々な物を破壊・解体などしてきましたが、これを解体する日が来るとは思いもしませんでした。 流し台。思えば引っ越してきたあの日から ――超長くなるのでカット―― というわけで、良い思い出など全然無いわけです。せっかくリフォームする確約を取り付…

何でもない日常も割と面倒臭いと思う日々

今週は片付けに行くのをセーブして家の事をしようかな、なんて思いながらの10月スタート。 朝起きると母が揚げ物をした跡を発見してゲッソリして、日常もかなり面倒なものだという事を思い出す。朝食や弁当用に揚げたというわけでもなく、ただ単に「ちくわが…

「最後の」物置小屋の片付け

前のブログを読み返すと、物置小屋と納戸(と思い込んでいた廊下)の片付けが大変だったようで何度も何度も出てきます。いやホント大変だったんですよ、ゴミ袋何枚使ったでしょうね。クリーンセンターに何回行きましたっけかね。何回ブチ切れましたっけか、…

グダグダと10月の予定を考える

10月ですか。10月ですね。はぁ。 やる気が無いというか秋らしく感傷的になっているのか単に季節の変わり目で調子悪いのか、とにかくそんな調子なので何もしたくないです。その反面、何もしないと余計に気分が落ち込むので何かしたいという気持ちもあるんです…

漬物の樽を十数年放置すると、こうなります

リフレッシュしない休暇。 というのはさておき、一体何が私の心をへし折ったのかご覧頂きます。 屋外で片付けなければいけないのが、通称「漬物小屋」と小屋。まず漬物小屋の方では、長らく窓を塞ぎ漬物などを置いてきたおかげで充満している独特のニオイが…

絶不調

急に何もかもが嫌になって「よし休もう」と思ったのに、結局何かしないと落ち着かない病。でもそれは決して働き者というわけではなく、働き者を演じているに過ぎない。根底にあるのは劣等感。自分に誇りが持てない。私などエアコンのフィルタに張り付いた埃…

「捨てたくない・捨てられない」という意識を捨てよう

連休は土曜日だけ分別作業。あんまり進みませんでした。夫母もいたんだけど、私の掃除機(処分予定)を見つけた時のやり取りを。 「これ使わないの?」 「使いませんね」 「じゃあ(使うかどうか)訊いてみるね」 「いやー使わないと思いますよ」「古いです…

タンスの解体作業を阻むもの

うっかり睡魔に襲われて金曜の分の更新が出来ませんでした。いやホント、3~4時間程度の作業でも疲れるね。 前回の予告通り解体しました。慣れとは恐ろしいものです。「もっと解体する物よこせ」という気分になってきます。それは慣れというよりハイな気分…

ただひたすらタンスを解体するブログはこちらです

というわけなのです。夫母は来月いっぱいで片付ける気らしいですが、私はもうサッサと今月中に片付けを終わらせたいんですよね。ダラダラやってたらいつまで経っても終わらないのは自明ですから。え? 夫母は週末しか行けないんだから行く気になれば毎日行け…

今までの片付けが報われた一言

これまで夫母の実家に住みながら片付けてきました。色々大変でした。修羅場てんこもりでした。あまりの酷さにブログを作りました。しかしそんな労苦も終末を迎えます。一つの時代が完全に終わるのです。誇大表現も甚だしいですが、そんな時、どんな言葉を掛…

何度でも言ってやる、「自分が要らない物は他人も要らないと思え」

連休は旧居の片付け・内見・実親との喧嘩という流れで過ぎていきました。喧嘩の原因? キッチンでの悶着ですよ。IHの上に粉末がパラパラと散らばっているので何だろうと訊けば「知らない」と言い張り、惣菜などを買ってきては余らせて何でも冷凍室のアルミト…

片付けの永遠のテーマは「取捨選択」

連日片付けをしていますが、ただ物を集めるだけじゃダメなのです。運搬の効率化を考えて束ねるなり何かしないと。 その辺にあった紙ひもで束ねました。これで車に積んでもガラガラ転がったりしません。あと持ち込みもグッと楽に。最終的には切らなきゃならな…

毎日何かを解体してる

今回は玄関周辺を片付けようという話になります。 でも下駄箱は解体しない方がいいんだろうか。私物でもない場合、少しでも疑問に思うなら触らない方がいいかと。でも中身は容赦なく処分する。してやる。 ……今更ね、浴室排水口のフタが見つかっても遅いっつ…

キャスター付きキッチンカウンターを解体する

とにかく目に付いた物を片付けていくのもいいのだけど、ある程度片付いたら、端から順に見ていく作業をしたいと思います。もう二度と見直さなくてもいいように。 「端」とは家の一番奥の事を指しますが、それはつまり「玄関から一番遠い所」。本当に一番遠い…

夫の母の実家を片付けていて、ちょっと愚痴る

旧居の中で一番現代的な場所。でも壁際すっごくカビ生えるし、ここ廊下。あくまでも「現代的」なだけで「快適」ではない。もう一度住みたいかと問われたら、「いや~」と言葉を濁す事も無く「嫌」と即答。思い出もあるにはあるんだけどね、思い出だけで生き…

粗大ゴミの基本は「可能な限り解体」か?

さすがに疲れがドッと出てしまったのか、金曜の夜から土曜の昼過ぎまで寝てました。途中で起きたりしながらもスヤスヤスヤスヤ。3時間程度の滞在が限界だからと全力で作業しちゃうせいなのか、単に老k……いやなんでもない。昔に比べて体力落ちたのは否定し…

片付けは早いうちにしておくと後で助かるよって話

1年振りにブレーカーを上げたら屋根裏でドコドコ足音が聞こえるの巻。散々悩まされた謎のカリカリ音ではなく、明らかに4足歩行。単独。軽くはなさそうなのでイタチやハクビシンではないなと思ったものの、調べてみたらハクビシンは3キロ超えるのね。勝手…

続・布団を解体する

さー今週も頑張ろう(棒読み)。 というわけで昨日も旧居で、せっせと布団をゴミ袋に入れる作業をしてきました。真夏に比べたら幾分涼しくても、やっぱり作業をすると汗ダラダラです。相変わらず外からは鼻歌が聞こえてきます。鼻歌おばさん*1は健在のようで…